いきいき体力つくり>>> みなさんの健康・体力つくりを応援します。>>>ストレッチング
ストレッチング
第4号(平成8(1996)年9月20日発行)掲載

ストレッチングとは、柔軟性を高めるために、筋や腱を関節の可動域の限界近くまで伸展(stretch)させることです。スポーツやトレーニングをはじめる前のウォーミングアップや、終了後のクーリングダウンに、ストレッチングがとても効果があるということは、すでによく知られています。
そこで、今回は、誰にでもできるストレッチングの方法と、それらを行う際に気をつけていただきたい点について紹介します。


正しく効果的なストレッチングのために イラスト
軽くウォーミングアップ(ジョギングなど)をして、体が温まったところではじめましょう。
いずれのストレッチングも、反動をつけずに行いましょう。
痛みを我慢して、過度のストレッチングをしても効果がありません。筋肉が伸びているのを感じる程度で、10秒から20秒程度姿勢を保持しましょう。
ストレッチングは、呼吸を止めないで行いましょう。
他人と柔軟性を競うのではなく、マイペースで行いましょう。



ストレッチングしている部位(赤線部)を意識しながら正しく行ってください。

腿の裏側・腰のストレッチング図 腿の内側のストレッチング図 腿の裏側のストレッチング図 首の裏・背中・腰・尻のストレッチング図
腕・肩・体側のストレッチング図 全身の伸展のストレッチング図 腰・臀部(横側)のストレッチング図 大腿前部のストレッチング図
アキレス・ふくらはぎのストレッチング図 肩・背部のストレッチング図 肩・上部のストレッチング図 肩のストレッチング図
頚側のストレッチング図 頚の後のストレッチング図 頚の旋回のストレッチング図 深呼吸のストレッチング図


戻る

広島県立総合体育館
〒730-0011 広島市中区基町4-1 TEL(082)228-1111