いきいき体力つくり>>>みなさんの健康・体力つくりを応援します。>>>タオルを使って行うトレーニング
タオルを使って行うトレーニング
第12号(平成11(1999)年3月31日発行)掲載

日常生活の中に意識して運動を取り入れる習慣を身につけましょう。今回は、タオルを使ってペアーで行うトレーニングを紹介します。2人で楽しみながら行ってください。
色部分・・・効果のある部位

脚のトレーニング
膝を支点に足を伸ばす脚のトレーニング図 かかとをひきつける脚のトレーニング図
膝を支点に足を伸ばす。(左右) かかとをひきつける。(左右)

胴体を強くするトレーニング
(腰痛の予防・改善に効果があります。)
脇を締め、タオルをみぞおち方向に引く胴体のトレーニング図 体を後ろに倒し、足が地面から離れる直前で3秒静止する胴体のトレーニング図
脇を締め、タオルをみぞおち方向に引く。 体を後ろに倒し、足が地面から離れる直前で3秒静止する。

肩のトレーニング
(肩こりの予防・解消に効果があります。)
>手を横に上げる肩のトレーニング図 こぶしを突き上げる肩のトレーニング図
手を横に上げる。(左右) こぶしを突き上げる。
肘から引き上げる肩のトレーニング図
肘から引き上げる。

胸のトレーニング
肩を支点に腕をしぼる胸のトレーニング図
肩を支点に腕をしぼる。(左右)

腕のトレーニング
肘を支点に腕を曲げる腕のトレーニング図 肘を支点に腕を伸ばす腕のトレーニング図
肘を支点に腕を曲げる。 肘を支点に腕を伸ばす。

ウォーミングアップを行ってから始めましょう。
どこの部位を使っているか意識して行うことが大切です。
1回の動作が3秒間で行えるような負荷が適当な強さです。補助者が「イチ、ニイ、サン」と声を掛けて行うとよいでしょう。
各運動を10回から15回程度行うことが目安です。個人に適した回数で行いましょう。
背すじを伸ばして行いましょう。
一気に力を入れないようにして行いましょう。
呼吸を止めないで行いましょう。
痛めている部位の運動は行わないでください。

戻る

広島県立総合体育館
〒730-0011 広島市中区基町4-1 TEL(082)228-1111