広島を元気に! 広島で元気に!

スポーツ情報センター

体力つくり

ホームスポーツ情報センター体力つくり生涯スポーツ一覧ブーメラン

生涯スポーツ一覧

このコーナーでは、財団法人広島県教育事業団広報紙「スポカル情報ひろしま」の過去の記事から「生涯スポーツの紹介」欄で紹介したニュースポーツを紹介します。

記事及び掲載写真等は一部編集していますが、当時のままとしている部分がありますのでご了承ください。

ブーメラン

いよいよ9月から、オーストラリア・シドニーでオリンピックが開幕します。オーストラリアと言えば、「ブーメラン」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。もともとは狩猟道具のブーメランですが、最近ではジャパンカップや世界大会なども開かれ、スポーツとして確立されています。
皆さんも、ちょっとした場所さえあれば、ブーメランを楽しめます。道具は、プラスチック製や、より安全で、室内でも楽しめるスポンジ製の既製品も市販されています。はがきなど厚紙を使って自分で作ることもできます。

ルール

ルール

ブーメランの各翼は、飛行機の翼のような断面になっています。これにより、弧を描いて飛ぶようになりますが、形状や重さの微妙な違いによって、飛行軌道は変わります。競技大会では、選手それぞれが、自分にあった手作りの道具を使用しており、材質や形には、個性が現れます。道具づくりの奥深さもブーメランの魅力です。また、より正確に自分の位置に戻すためには、風を計算します。風上から利き腕側に45〜60°ずらした方向に向かって投げることが基本です。自分の道具の特性を知ること、風を正確に読むことが重要であり、ブーメランは、集中力、精神力が試されるスポーツとも言えます。

ブーメランの種目

ブーメランの種目は、次のようなものなどがあります。仲間同士で、思い思いのルールを作って、競い合うのもおもしろいかもしれません。

正確さ種目
投げた位置にいかに正確に戻ってきたかを競う。
ファーストキャッチ種目
5回連続してブーメランを投じ、最後にキャッチするまでの所要時間の短さを競う。(飛距離の要件あり)
滞空時間種目
投げてからキャッチするまでの滞空時間の長さを競う。

ワンポイントアドバイス

ボール投げのように、上から、ブーメランを垂直に立てて投げます。水平に投げてはいけません。ブーメランの飛距離に応じ、前後左右に十分な広さを確保して、安全に楽しんでください。

第16号(平成12(2000)年7月1日発行)掲載

TOP