広島を元気に! 広島で元気に!

スポーツ情報センター

体力つくり

ホームスポーツ情報センター体力つくり生涯スポーツ一覧クロリティー

生涯スポーツ一覧

このコーナーでは、財団法人広島県教育事業団広報紙「スポカル情報ひろしま」の過去の記事から「生涯スポーツの紹介」欄で紹介したニュースポーツを紹介します。

記事及び掲載写真等は一部編集していますが、当時のままとしている部分がありますのでご了承ください。

クロリティー

クロリティーは、日本の伝統的な“輪投げ”とアメリカで人気と伝統のある馬蹄を投げ合うゲーム“ホースシューズ”とをミックスして考案されたスポーツです。
この競技は、輪投げと同じように、リングを得点ボードに向かって投げます。目標棒はボード中央に1本あるだけですが、リングが目標棒に入らなくても、ボード上の位置と、対戦相手が投げたリングとの重なり具合によって、得点が加えられるのが特徴です。プレーヤーの機転によって、味方リングを有利にしたり、相手リングを不利にしたりできますので、お互いのかけ引きを楽しむことができます。

ルール

ルール

ゲームの進行は、先攻と後攻を決め、交互に一投づつ、それぞれ10個のリングを投げます。中学生から一般の場合、これを5m、7m、9mの各距離で行い、1セットとします(300点満点)。1セットマッチ又は3セットマッチで合計得点を競います。小学生や高齢者の場合、投輪距離を変えたり、1セット200点満点とするなど、体力に応じて無理なく楽しめるようルールが設定されています。

得点は、目標棒に入れば10点。それ以外は、リングが半分以上かかっているエリア(色分けした枠)の点数となりますが、味方リングと相手リングが3分の1以上重なり合っている場合には、下にあるリングの得点は無効になります。これがキャンセル方式の醍醐味です。

 

ワンポイントアドバイス

クロリティーは、第13回全国健康福祉祭(ねんりんピック)大阪大会で協賛イベントとして開催されるなど、全国に多くの愛好者がいます。県内でも体力に応じて無理なく楽しめ、世代間の交流や仲間とのコミュニケーションにも最適なスポーツとして着実に広まりつつあります。
特に海田町では、2つのクラブで盛んに行われており、そのほかの地域でも老人会などを中心に多くの方に楽しまれています。

第18号(平成13(2001)年1月1日発行)掲載

TOP