広島県総合体育館スポーツ情報センター【いきいき体力つくり−生涯スポーツの紹介】

生涯スポーツ一覧

このコーナーでは、財団法人広島県教育事業団広報紙「スポカル情報ひろしま」の過去の記事から「生涯スポーツの紹介」欄で紹介したニュースポーツを紹介します。

記事及び掲載写真等は一部編集していますが、当時のままとしている部分がありますのでご了承ください。

生涯スポーツの紹介

グラウンド・ゴルフ

グラウンド・ゴルフは、鳥取県の泊村でだれでも手軽にできるニュースポーツとして昭和57年に考案されました。
ゴルフを原形とし、場所の条件に応じたホール数、距離等を設定したコースを、専用のボールとクラブで、ホールポストに入れるまでの打数を競うスポーツです。ルールも簡単で、高度な技術も必要とせず、初心者でもすぐにできる競技です。

1 エチケット

  • 自分のプレイ又はゲームが終わったら、次のプレーヤーの妨げにならない場所に移動する。

  • プレーヤーが打つ前後は、そのプレイの妨げになる行為をしてはならない。また、前の組みのプレイが全て終わってからプレイを開始する。

  • プレーヤーは、自分の作った穴、足跡を直して、次のプレイに移る。

2 ゲームに関するルール(主なものを抜粋)

  • ゲームは、所定のボールを打順に従って、スタートからホールポストに入って静止した状態「トマリ」までの打数を競う。

  • ゲーム中の練習を行うと、反則として1打付加する。

  • ボールは、あるがままの状態でプレイする。草を刈ったり木の枝を折ったら1打付加する。

  • ボールが紛失したり、コース外に出たら1打付加する。

  • ゲーム中のボールは、マークして取り除く。(ゲームを妨げないため)

  • ボールが同伴プレーヤーのボールに当たった時は、止まった所から次のプレイを行う。また、当てられたボールは元の位置に返す。

  • 第1打目がホールポストに入った場合(ホールインワン)は、そのプレイヤーの合計打数から3打数を引く。

グラウンド・ゴルフは、高度な技術がなくても楽しめ、年齢、性別による体力・運動能力差が少なく、高齢者から子供まで、また、身障者の人も車椅子で健常者と一緒に十分プレーし、だれでも勝つチャンスがあるスポーツです。

平成16(2004)年1月17日作成

TOP