広島県総合体育館スポーツ情報センター【いきいき体力つくり−生涯スポーツの紹介】

生涯スポーツ一覧

このコーナーでは、財団法人広島県教育事業団広報紙「スポカル情報ひろしま」の過去の記事から「生涯スポーツの紹介」欄で紹介したニュースポーツを紹介します。

記事及び掲載写真等は一部編集していますが、当時のままとしている部分がありますのでご了承ください。

生涯スポーツの紹介

ソフトトライアスロン

みなさんは、「トライアスロン」という競技をご存じですか。
語源はギリシャ語のトライ(TRI:数字の3)とアスロン(ATHLON:競技)を組み合わせたものです。別名「鉄人レース」と言われるこの競技は、最長(ロング)で「スイム3.8km・バイク180km・ラン42.195km」という過酷なレースもあります。
今回紹介する「ソフトトライアスロン」は、文字通り「トライアスロン」を「ソフトに」「一般向け」にしたスポーツです。
この写真は、昨年広島県立総合体育館で行われた第6回広島県生涯スポーツフェスティバルの「ソフトトライアスロンINヒロシマ」の一場面です。このあと、中央公園に移動してランを行い、合計タイムを計算しました。

誤解されやすいスポーツ

私たちがスポーツをはじめようとするとき、一部の競技スポーツを除いて、多くは自分の健康を快適に維持することが目的となります。特に、中高年おいては、その傾向が高いようです。そんな時「トライアスロン」と聞けば、「無理だ」という答えが返ってきそうです。しかし、特定のスポーツを長く続けていくと、体の局所に負担が重なることがあります。その点「トライアスロン」は体全体(スイムで上半身・ランやバイクで下半身)を使いますから、非常にバランスがよいのです。その日の気分により競技種目を変えたり、濃淡をつけたりすることも長続きの秘訣です。

無理のないトライアスロン選びから

ソフトトライアスロンは個人の特性に合わせて、目標を設定し、無理のない範囲で楽しめます。競技(順位を競う)のトライアスロンではなく、自分の持ちタイムの更新を目指したり、最高距離の更新を目指したりしながら体を鍛えるのです。
また、着替えなどの時間や休憩時間を気にせず、各種目の合計タイムを計算して、記録を取ることもよいでしょう。

この3種目を(特に水泳や自転車を海や一般道路で)行うのは危険を伴います。そこで、器具を使い室内で行うのはどうでしょう。
広島地区には県立総合体育館、備後地区はびんご運動公園、備北地区にはみよし公園があります。この3施設には、温水プール・トレーニングルーム(エアロバイク:自転車、トレッドミル:ラン)が整備されています。また、屋外を走りたい人にはすぐ近くにジョギングコースもあり「ソフトトライアスロン」を充分楽しめます。

第15号(平成12(2000)年3月31日発行)掲載

TOP