広島県総合体育館スポーツ情報センター【いきいき体力つくり−生涯スポーツの紹介】

生涯スポーツ一覧

このコーナーでは、財団法人広島県教育事業団広報紙「スポカル情報ひろしま」の過去の記事から「生涯スポーツの紹介」欄で紹介したニュースポーツを紹介します。

記事及び掲載写真等は一部編集していますが、当時のままとしている部分がありますのでご了承ください。

生涯スポーツの紹介

ウォークラリー

ウォークラリーは、交差点の分岐点などのみを示したコース図(コマ図)を頼りに、ゴールをめざして歩くゲームです。チェックポイントごとにクイズなどの課題を解決していきます。

1チームの人数は3〜6人。家族や仲の良いグループで楽しめるゲームです。順位は、規定時間との誤差により計算した時間得点と課題正解率による得点との合計で決まります。速くゴールしても規定時間との差があれば、その分減点されます。無理のないペースで楽しむのがポイントです。規定時間は隠しタイムとする(予め発表しない)ことが多いですが、ヒントが発表されることもあります。
チェックポイントで出されるクイズは「この橋の名前は?」とか「この石段の数は?」など、その場所に行かなければ答えられないもの、よく観察しなければ答えられないものが多くなっています。近所の人に尋ねてみるという解き方もあります。「この石の重さは何kg?」などゲームのような課題が出されることもあります。

仲間とふれあいながら、歩くことの楽しさや地域の自然と文化を再発見できます。
ウォークラリーは、健康づくりとまちづくりに最適なレクリエーションです。
毎年5月には(財)日本レクリエーション協会の提唱で「全国一斉ウォークラリー大会」が開催され、多くの方がラリーを楽しんでいます。

第23号(平成14(2002)年5月25日発行)掲載

TOP