広島県総合体育館スポーツ情報センター【いきいき体力つくり−生涯スポーツの紹介】

生涯スポーツ一覧

このコーナーでは、財団法人広島県教育事業団広報紙「スポカル情報ひろしま」の過去の記事から「生涯スポーツの紹介」欄で紹介したニュースポーツを紹介します。

記事及び掲載写真等は一部編集していますが、当時のままとしている部分がありますのでご了承ください。

生涯スポーツの紹介

パークゴルフ

北海道で生まれたパークゴルフは、グラウンド・ゴルフを基本によりゴルフに近いスポーツです。グラウンド・ゴルフは、ボールを金属の輪の中に入れますが、パークゴルフは、直径20cmの穴の中に入れます。県立みよし公園をはじめ、県内でも多数のパークゴルフ場があります。

道具

ボールをスタート位置から打ち始め、ホールに入るまでの最少の打数を競います。各ティーグラウンドからカップまでを1ホールといい、9ホールでハーフ(半分の意味)、18ホールで1ラウンドとなり、これが1ゲームとなります。パークゴルフは、人数の制限はありませんが、流れよくプレーするため1組3〜4人がベストです。

用具の写真は,ミズノ轄L島営業所様のご好意によります。

パークゴルフの楽しみ方

競技者は、常に前後左右の安全に注意し,他の競技者の妨げにならないようにしましょう。

服装は自由ですが,緑の芝生内では、軽快でスポーティなものが似合います。

靴は芝生を傷める恐れがありますので、底が平らな運動靴が適しています。

平成15(2003)年7月1日作成

TOP